2023ver『アンカーポイントとは?表示の仕方・中心に移動させる方法』【動画編集初級-Premiere Pro/プレミアプロ】

アンカーポイントとは?表示・中心の移動方法

「スケールや回転の仕方(中心点)がおかしい…」「動画編集のアンカーポイントとはなんぞや?」「アンカーポイントが表示されない!動かない!」「アンカーポイントを中心・ど真ん中に移動させたい!」など、初心者の頃はその概要すら掴みにくく、扱いに振り回されることもしばしばあるかと思います。

今回はその、Premiere Proのアンカーポイントの意味や表示方法、中心へ移動させる方法をしっかり紹介してきます!

▼今回の目標達成ステップ

  • Premiere Proのアンカーポイントについて理解する
  • アンカーポイントの表示・移動ができる
  • クリップやテキストの中心・ど真ん中にアンカーポイントを移動させる方法が分かる

アンカーポイントとは?

アンカーポイントとは?意味と表示の仕方

プレミアプロの動画編集で出てくるアンカーポイントとは、その素材クリップやテキストとリンクしている基準点となるポイントを指します。
例えば、スケールや回転を変更する際はこのアンカーポイントを基準点・起点として拡大したり回転したり変化します。

  • アンカーポイントとは、その素材クリップやテキストとリンクしている基準点となるポイント
  • モーション(位置、スケール、回転など)編集は、アンカーポイントを基準として変化する

アンカーポイントの表示の仕方/表示されない原因

アンカーポイントは、プログラムパネル内で〇の中に十字があるようなマークで表されます。

アンカーポイントの表示方法

  • 選択ツール>シーケンス内で対象クリップ選択
    • >エフェクトコントロールパネル>該当テキスト項目選択
    • or >エッセンシャルグラフィックスパネル>該当テキスト項目選択

アンカーポイントが表示されない原因

文字ツールの状態で対象クリップやテキストを選択していると、プログラムパネル上で文字の入力用の環境となってしまう為、アンカーポイントが表示されないという現象が起こります。
文字入力状態時は、対象テキストが赤枠で囲われます。

必ず選択ツールに切り替えて青枠で囲われている状態で、上記の手順通りにアンカーポイントを表示させましょう。

また、パソコンのスペックが十分でない場合はグラフィック処理が追い付かないため、アンカーポイントの表示の反映に時間がかかる場合があります。
少し時間をおいて待ってみましょう。

  • 文字ツールでの選択時(赤枠文字入力時)はアンカーポイントが表示されない
  • パソコンのグラフィックスペックの問題で、アンカーポイントの表示がすぐに反映されな

アンカーポイントの移動の仕方/動かない原因

アンカーポイントの移動の仕方

エフェクトコントロールパネルからアンカーポイントの数値を変更する方法も可能ですが、
エフェクトコントロールからの変更は相対的位置の編集として、結果的にはテキスト自体の見た目の位置が変わってしまいます。

なのでここではプログラムパネル上での移動の仕方を紹介します。

  • プログラムパネル上でアンカーポイントのマークにカーソルを合わせる
  • カーソルマークが変わったらクリックドラッグでアンカーポイントを移動
”アンカーポイント移動用カーソルマーク”

アンカーポイントが動かない原因

アンカーポイントにカーソルを合わせて素早くドラッグしてしまうと、アンカーポイントではなくテキストそのものが移動してしまうことがあります。
カーソルが”アンカーポイント移動用カーソルマーク”(上記画像)に変わったのを確認してゆっくりドラッグしてみてください。

また、アンカーポイントが表示されない時と同様に、パソコンスペックの不足でグラフィックス処理が遅れている可能性もあります。
日頃からプレミアプロの動作の反映が遅いパソコンの場合は、アンカーポイントを移動させる手順の後に少し待ってみてください。

  • カーソルを合わせてからのドラッグが不正確・早すぎるとアンカーポイントが動かないことがある
  • パソコンスペックの不足で画面上の反映が遅れ、アンカーポイントが移動が動かないように見える場合がある

アンカーポイントをテキストの中心・ど真ん中に移動させる方法

テキストや素材の中心からスケールを大きくしたり回転させたりしたいときに、アンカーポイントがど真ん中にないと思うようなモーション編集ができないことがよくあります。

下記の操作で赤いリーダー線が表示され、アンカーポイントを中心や辺、角にスナップさせてぴったり移動させることが可能です。

  • Windows:Controlキーを押しながら、アンカーポイントを移動
  • Mac:Commandキーを押しながら、アンカーポイントを移動

おわり

今回は、プレミアプロのアンカーポイントの概要と表示の仕方、中心にぴったり合わせる移動のさせ方を紹介しました。

最初はアンカーポイントに苦手意識を持つ方もいますが、慣れてしまえば扱いやすく便利な機能なのでめげずに取り組みましょう!

▼独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たい方は下へスクロール▼

独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たいと思っている方へ


5G・6G環境の普及、社会に浸透し続けるSNS環境などに後押しされ、動画メディアの需要は近年非常に高くなっています。
そして今後も拡大し続ける動画市場に伴って、動画編集者の需要も伸び続けると予想されます。


そのため動画編集のスキルを身につければ、個人でも自分の力で収益を得ていくことは十分に可能です。


動画編集は他の副業スキルと比べても扱いやすくおすすめのジャンルです。プログラミングほど難解ではなく、素人にとってのwebデザインのように抽象感もなく、ライティングより圧倒的にライバルが少なく時間単価も良いからです。


動画編集を本気で学べば短くて1ヶ月ほどでスキルが身につき、その後、月に1万円の収入を出すことも可能です。
(当講座受講生の実例:初心者からPremiereProの学習を始め、2ヶ月目で単価2,500円のTik Tok広告動画を4件獲得。)


副業ブームが来て久しいですが、会社に依存するだけでは失職のリスクは今後も大きくなるでしょう。自分のスキルで収入を得る力がより必要になってきます。

動画編集から仕事の取り方まで、プロの講座を本気で学べば数ヶ月で月5万円の収入も見込めるようになります。

独学からフリーランスとして自律する動画編集者もいますが、その多くは人並み外れた根性と膨大な無駄な時間を一人で費やしているのが共通点です。1年かかっても1万円の仕事も取れない人もいます(筆者はこのタイプで今では非常に後悔しています)。


1年かけて無収入な人、1年で10万円の受講代を払って30万円稼ぐ人、2年目からもその差は大きく開いていきます。


もし、独学で遠回りしまくっている方、つまずいて挫折しそうな方、早く動画編集のスキルアップをして収入に繋げたい方がいましたら、一度受講を検討してみてはいかがでしょうか?


弊サイトの講座はマンツーマンで、業界でも格安の価格設定、受講者からも好評の声を頂いています。(同じ講座内容で10倍の受講料を取る他社スクールもあります)。


下記リンク先から飛べるジモティーで実際の口コミも見られます。
効率的にスキルアップしたい方、動画編集者を目指している方のご参加をお待ちしております。