2023ver『ワークスペースとパネル-消えた時の表示法やカスタマイズ保存-』【動画編集初級-Premiere Pro/プレミアプロ】

ワークスペースとパネル

「ワークスペースやパネルが突然消えた!」「パネルはどこにある?」「枠線を調整したい…」など、
初心者の頃は戸惑いやすい、プレミアプロのインターフェイスとその扱い方をご紹介。

▼今回の目標達成ステップ

  • Premiere Proのワークスペースとパネルについて理解する
  • ワークスペースの切り替えと保存の仕方が分かる
  • パネルが消えた時の表示の仕方が分かる

プレミアプロのワークスペースとパネルの概要

プレミアプロの編集画面(ワークスペース)は一つ一つの作業パネルによって構成されている。
デフォルト画面でもすべてのパネルが表示されているわけでない。

  • パネルはそれぞれ様々な機能を持った作業エリア
  • パネルの枠をドラッグすることでエリアの拡大縮小が可能
  • パネル名をドラッグさせることで移動が可能

よく使うパネルの名称とその機能

Premiere Proプレミアプロのパネルについて
パネル名機能
①プロジェクト素材やファイルの管理場所
②プログラム動画のプレビュー画面
③ソースクリップ(素材)の表示。
タイムライン挿入前に動画クリップの簡単なカット編集可能。
④タイムライン
(シーケンス表示)
クリップ(素材)を並べて編集を行う作業エリア。
水平方向は時間軸。
⑤ツール文字、図形、ペンなどの作業用ツールがある
⑥エフェクトコントロールクリップ(素材)の位置やサイズ、追加したエフェク トの調整エリア
⑦エフェクトパネルクリップ(素材)に様々効果を付けるエフェクトはここから選択する

編集の流れと使用する基本的なパネル、ワークスペース

プレミアプロの簡単な動画編集工程と使用する基本パネルとワークスペースを紹介。

  1. 「プロジェクトパネル」に素材をドラッグ&ドロップで読み込み
  2. 「タイムラインパネル」で時間軸に沿ってに素材を並べていく
  3. 「ツールパネル」で文字や図形を使用
  4. 「エフェクトパネル」で素材に様々な効果をつける
  5. 「エフェクトコントロール」でクリップの位置やサイズ、エフェクトの編集
  • 初心者は基本的には「編集」のワークスペースの使用がおすすめ

ワークスペースの切り替え・保存

ワークスペースとは、各パネルを表示させている、プレミアプロの編集画面全体を指す。
編集の内容に適したワークスペースを選んだり、独自のカスタマイズも可能。
例:ワークスペースの「カラー」を選ぶと、カラー補正などの編集に適したパネルが集められて表示される。

  • 右上「ワークスペース」マークをクリックして切り替え可能
  • パネルが消えたり、枠線が崩れたときはとりあえず「保存したレイアウトにリセット」からの「初期設定」で元に戻す!
  • カスタマイズしたワークスペースは、「新しいワークスペースとして保存」すると次回からも選択可能。

パネルが消えたときや出ないときの表示の仕方

パネルが表示されない理由

  • パネルを閉じてしまって消えた場合
  • パネルはあるはずだが、隠れて出ない場合

消えたパネルを表示させる方法

  • ワークスペースにない、消えたパネル上部メニューバーの「ウィンドウ」から選択。
  • 同エリアに複数パネルがある場合はタブクリックにより切り替え可能。
    隠れて出ない場合は「≫」をクリック


次のステップ#03『シーケンスとは?-YouTube用設定・消えた時の表示法-』

『ワークスペースとパネル-消えた時の表示法やカスタマイズ保存-』ができたら、
次のステップ#03『シーケンスとは?-YouTube用設定・消えた時の表示法-』に進もう!→

シーケンスの作成・設定

④おわり

プレミアプロの編集画面は文字が小さくて多少見えづらく、最初は慣れずに苦戦する人も多い。。。
パネルがどこにあるか分からなくなる初心者も多いけど、だいたいは「≫」のマーク内に隠れているか、「ウィンドウ」から見つかるよ!

ということで今回は、ワークスペースとパネルについての学習でした。
プレミアプロの編集画面のぱっと見の複雑さにひるまず、楽しくステップアップしていきましょう!

▼独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たい方は下へスクロール▼

独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たいと思っている方へ


5G・6G環境の普及、社会に浸透し続けるSNS環境などに後押しされ、動画メディアの需要は近年非常に高くなっています。
そして今後も拡大し続ける動画市場に伴って、動画編集者の需要も伸び続けると予想されます。


そのため動画編集のスキルを身につければ、個人でも自分の力で収益を得ていくことは十分に可能です。


動画編集は他の副業スキルと比べても扱いやすくおすすめのジャンルです。プログラミングほど難解ではなく、素人にとってのwebデザインのように抽象感もなく、ライティングより圧倒的にライバルが少なく時間単価も良いからです。


動画編集を本気で学べば短くて1ヶ月ほどでスキルが身につき、その後、月に1万円の収入を出すことも可能です。
(当講座受講生の実例:初心者からPremiereProの学習を始め、2ヶ月目で単価2,500円のTik Tok広告動画を4件獲得。)


副業ブームが来て久しいですが、会社に依存するだけでは失職のリスクは今後も大きくなるでしょう。自分のスキルで収入を得る力がより必要になってきます。

動画編集から仕事の取り方まで、プロの講座を本気で学べば数ヶ月で月5万円の収入も見込めるようになります。

独学からフリーランスとして自律する動画編集者もいますが、その多くは人並み外れた根性と膨大な無駄な時間を一人で費やしているのが共通点です。1年かかっても1万円の仕事も取れない人もいます(筆者はこのタイプで今では非常に後悔しています)。


1年かけて無収入な人、1年で10万円の受講代を払って30万円稼ぐ人、2年目からもその差は大きく開いていきます。


もし、独学で遠回りしまくっている方、つまずいて挫折しそうな方、早く動画編集のスキルアップをして収入に繋げたい方がいましたら、一度受講を検討してみてはいかがでしょうか?


弊サイトの講座はマンツーマンで、業界でも格安の価格設定、受講者からも好評の声を頂いています。(同じ講座内容で10倍の受講料を取る他社スクールもあります)。


下記リンク先から飛べるジモティーで実際の口コミも見られます。
効率的にスキルアップしたい方、動画編集者を目指している方のご参加をお待ちしております。