2023ver『動画のサイズや解像度についてまとめ』【動画編集-Premiere Pro/プレミアプロ】

動画のサイズや解像度まとめ

動画編集初心者向けに、『動画のサイズや解像度』について、わかりやすくご紹介。

▼今回の目標達成ステップ

  • 動画のサイズ、解像度について理解する
  • 一般的な動画の種類について知っておく

①動画のピクセル(px)とは?

正式な英語はpixel。略してpxと表記される。”画素”と同義。
コンピューターで扱う画面(デジタル画像など)を構成する最小要素のこと。
画面上、ピクセルは”色”を持つ最小の粒、ドットは光の最小の粒。

  • 画面を構成する粒の最小単位

②動画の解像度とは?

1フレーム(画面)を構成するピクセル(px)数。
例えば”1920px × 1080px”とは、ピクセルが横に1920個、縦に1080個並んでいるということ。

  • 1画面あたりのピクセル数
  • 解像度が高い(ピクセル数が多い)ほど鮮明、高画質

③動画のアスペクト比

1フレーム(画面)を構成する縦横の長さの比率。
例えば正方形は”アスペクト比1:1”。

  • 1画面の縦横の比率

④動画のサイズ

1フレーム(画面)の縦・横それぞれの方向に並べられるピクセルの数。要するに縦と横の長さ。

  • 1画面の縦横の長さ。

⑤動画の種類

種類(サイズ)横/解像度縦/解像度アスペクト比
正方形例640px例640px1:1
SD(Standard Definition)720px480px3:2
HD(High Definition)1280px720px16:9
フル HD/2K(Kは1000を表す用語)1920px1080px16:9
UHD(Ultra High Definition)/4K3840px2160px16:9
8K7680px4320px16:9

⑥画面の出力方式:1080pと1080iの違いについて(おまけ)

動画編集していく上で、ここは正直知らなくても全然かまわないよ!
ただ、動画編集の受講生の中にはやっぱり気になる方もいるので詳細を付け加えておきます。

1080p、1080iとは、それぞれ画面のスキャン・出力方式のこと。
1080本ある走査線(横方向のライン)を縦方向に出力していくことで映像を表示させます。

1080pとは?

1080pのpとはプログレッシブ(progressive)方式を指す。

1/60秒で奇数番行の走査線が上から下まで表示され、次の1/60秒で偶数番行の走査線が上から下まで表示されます。

1080iとは

1080iのiとはインターレース (interlace)方式を指す。

1/60秒で全ての走査線が上から下まで順次表示されていきます。

1080pと1080iの比較

  • 1080pと1080iの違いは肉眼ではほぼ分からない!
  • どちらが綺麗かは環境に依存するため一概には言えない
  • 高速対象の映像では、1080iは残像が残りやすい
  • 1080pでは出力効率が良く、比較的鮮明に見えやすい
  • とりあえず『1080p』を選択しておけば間違いなし

各SNS推奨のサイズ・容量・長さまとめ

YouTube/TikTok/Instagram/Twitter動画投稿規格についてはこちらをご参照!→

各SNS推奨のサイズ・容量・長さまとめ

おわり

今回は、動画のサイズの種類や解像度などについてなるべく分かりやすくまとめました。

ひとまず、動画編集する上で『1080p』を選択しておくのがおすすめです。

▼独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たい方は下へスクロール▼

独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たいと思っている方へ


5G・6G環境の普及、社会に浸透し続けるSNS環境などに後押しされ、動画メディアの需要は近年非常に高くなっています。
そして今後も拡大し続ける動画市場に伴って、動画編集者の需要も伸び続けると予想されます。


そのため動画編集のスキルを身につければ、個人でも自分の力で収益を得ていくことは十分に可能です。


動画編集は他の副業スキルと比べても扱いやすくおすすめのジャンルです。プログラミングほど難解ではなく、素人にとってのwebデザインのように抽象感もなく、ライティングより圧倒的にライバルが少なく時間単価も良いからです。


動画編集を本気で学べば短くて1ヶ月ほどでスキルが身につき、その後、月に1万円の収入を出すことも可能です。
(当講座受講生の実例:初心者からPremiereProの学習を始め、2ヶ月目で単価2,500円のTik Tok広告動画を4件獲得。)


副業ブームが来て久しいですが、会社に依存するだけでは失職のリスクは今後も大きくなるでしょう。自分のスキルで収入を得る力がより必要になってきます。

動画編集から仕事の取り方まで、プロの講座を本気で学べば数ヶ月で月5万円の収入も見込めるようになります。

独学からフリーランスとして自律する動画編集者もいますが、その多くは人並み外れた根性と膨大な無駄な時間を一人で費やしているのが共通点です。1年かかっても1万円の仕事も取れない人もいます(筆者はこのタイプで今では非常に後悔しています)。


1年かけて無収入な人、1年で10万円の受講代を払って30万円稼ぐ人、2年目からもその差は大きく開いていきます。


もし、独学で遠回りしまくっている方、つまずいて挫折しそうな方、早く動画編集のスキルアップをして収入に繋げたい方がいましたら、一度受講を検討してみてはいかがでしょうか?


弊サイトの講座はマンツーマンで、業界でも格安の価格設定、受講者からも好評の声を頂いています。(同じ講座内容で10倍の受講料を取る他社スクールもあります)。


下記リンク先から飛べるジモティーで実際の口コミも見られます。
効率的にスキルアップしたい方、動画編集者を目指している方のご参加をお待ちしております。