2023ver『新規プロジェクト作成・保存・開き方』【動画編集初級-Premiere Pro/プレミアプロ】

新規プロジェクト作成と保存

当サイトでは動画編集セミナーの講師が、初心者がPremiere Pro(プレミアプロ)の使い方をイチから学べるように構築していきます。
今回はまず、下準備と新規プロジェクト作成と保存、既存プロジェクトの開き方をご紹介。

▼今回の目標達成ステップ

  • 効率的に動画編集を進めるためにプロジェクトを作成する前の環境準備をする
  • Premiere Proのソフト起動と新規プロジェクトの作成方法が分かる
  • プロジェクトの保存方法が分かる
  • プロジェクトの保存場所を探し、開き方が分かる

パソコンで新規フォルダー作成

いきなりPremiere Proのプロジェクトを立ち上げる前に、まずはパソコンでフォルダーを作成し環境の準備をしよう!
新規プロジェクトファイルや動画編集で使用する素材ファイルなどを入れておくためです。

ひとまとめに整理しておかないと、動画編集で使用する様々なファイルの所在が不明になったり、リンクが切れてプレミアプロの編集画面がエラーになるなど、後々困ってしまう初心者が非常に多いです。

まずは一括で管理するフォルダーを作成して、ファイルの整理・管理をしやすくしておくことがおすすめです。

  • デスクトップなど任意の場所で、右クリック>新規作成>フォルダー
  • フォルダー名を「プレミアプロ使い方練習」など分かりやすい名前にする

Premiere Pro(プレミアプロ)を立ち上げる

Premiere Proのソフトを立ち上げます。日頃から動画編集をする予定であれば、デスクトップにショートカットを作成したり、タスクバーに追加しておくとよいでしょう。

パソコンのデスクトップ(ホーム画面)にて下記の操作で起動します。

  • Windows:スタートメニュー>すべてのアプリ>「Adobe Premiere Pro」をクリック
  • Mac:上のメニューバーの「移動」>「アプリケーション」>「Adobe Premiere Pro」をクリック
画像はWindows

Premiere Pro内で「新規プロジェクト」作成

いよいよプレミアプロ動画編集の初めの一歩です!

聞きなれないかもしれませんが『新規プロジェクト作成』とは、要するに『新しく動画を作成する』というアクションです。

  1. 新規プロジェクト
  2. プロジェクト名 →例:プレミアプロ使い方練習
  3. プロジェクトの保存先 →①で新規作成したフォルダー「プレミアプロ使い方練習」を指定
  4. 作成をクリック

プロジェクトの保存

前項で「作成」をクリックした時点で新規プロジェクトは保存されていますが、編集中はこまめに保存をしましょう!
「せっかく編集していたのにプレミアプロのソフトが固まって落ちた!」「パソコンの充電がなくなった!」と、うっかり保存し忘れで嘆く編集者は沢山います…。

Premiere Proは動作が重たいソフトです。パソコンのスペックが足りていないとソフトがフリーズしたりダウンすることは珍しくありません。
プロの間では当然なのですが、こまめな保存を強くお勧めします。

  • ファイル>保存
  • ショートカットキー:(Windows)Control + S / (Mac)Command + S

既存プロジェクトの保存場所と開き方

既存プロジェクトの保存場所

プロジェクトを保存した場所が分からなくなったら、パソコン内をファイル名で検索しましょう。

Windows

  • ウィンドウ下のタスクバーの「検索ボックス」から検索
  • ショートカットキー:Windowsキー + S

Mac

  • ウィンドウ右上の虫眼鏡マーク>「検索ボックス」から検索
  • ショートカットキー:Command + F

プロジェクトの開き方

保存場所から開く

  • 保存場所のプレミアプロのロゴアイコン「Pr」付きプロジェクトファイルをダブルクリック
  • 拡張子「(ファイル名).prproj」のプロジェクトファイルをダブルクリック

Premiere Proの「最近使用したもの」から開く

プレミアプロのホーム画面で、直近の編集したプロジェクトから「最近使用したもの」の一覧が10件ほど表示されます。
比較的最近のプロジェクトなら、ここから開くことができます。

次のステップ#02『ワークスペースとパネル-消えた時の表示法やカスタマイズ保存-』

『新規プロジェクト作成と保存』ができたら、
次のステップ#02『ワークスペースとパネル-消えた時の表示法やカスタマイズ保存-』に進もう!→

ワークスペースとパネル

お疲れさまでした!
今回はプレミアプロの「新規プロジェクト作成と保存」について紹介しました。
これからどんどんステップアップして動画編集を楽しみながら学んでいきましょう。

▼独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たい方は下へスクロール▼

独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たいと思っている方へ


5G・6G環境の普及、社会に浸透し続けるSNS環境などに後押しされ、動画メディアの需要は近年非常に高くなっています。
そして今後も拡大し続ける動画市場に伴って、動画編集者の需要も伸び続けると予想されます。


そのため動画編集のスキルを身につければ、個人でも自分の力で収益を得ていくことは十分に可能です。


動画編集は他の副業スキルと比べても扱いやすくおすすめのジャンルです。プログラミングほど難解ではなく、素人にとってのwebデザインのように抽象感もなく、ライティングより圧倒的にライバルが少なく時間単価も良いからです。


動画編集を本気で学べば短くて1ヶ月ほどでスキルが身につき、その後、月に1万円の収入を出すことも可能です。
(当講座受講生の実例:初心者からPremiereProの学習を始め、2ヶ月目で単価2,500円のTik Tok広告動画を4件獲得。)


副業ブームが来て久しいですが、会社に依存するだけでは失職のリスクは今後も大きくなるでしょう。自分のスキルで収入を得る力がより必要になってきます。

動画編集から仕事の取り方まで、プロの講座を本気で学べば数ヶ月で月5万円の収入も見込めるようになります。

独学からフリーランスとして自律する動画編集者もいますが、その多くは人並み外れた根性と膨大な無駄な時間を一人で費やしているのが共通点です。1年かかっても1万円の仕事も取れない人もいます(筆者はこのタイプで今では非常に後悔しています)。


1年かけて無収入な人、1年で10万円の受講代を払って30万円稼ぐ人、2年目からもその差は大きく開いていきます。


もし、独学で遠回りしまくっている方、つまずいて挫折しそうな方、早く動画編集のスキルアップをして収入に繋げたい方がいましたら、一度受講を検討してみてはいかがでしょうか?


弊サイトの講座はマンツーマンで、業界でも格安の価格設定、受講者からも好評の声を頂いています。(同じ講座内容で10倍の受講料を取る他社スクールもあります)。


下記リンク先から飛べるジモティーで実際の口コミも見られます。
効率的にスキルアップしたい方、動画編集者を目指している方のご参加をお待ちしております。