2023ver『最新ツールパネルまとめ!バーの表示とショートカットキー』【動画編集初級-Premiere Pro/プレミアプロ】

ツールパネルまとめ-バー表示とショートカットキー-

プレミアプロの最新の各ツールについてわかりやすくご紹介!

▼今回の目標達成ステップ

  • パネルの表示の仕方がわかる
  • 各ツールの内容とショートカットキーを理解する
  • ショートカットキーが使えない問題を解決する

ツールパネルのバーが消えたときの表示方法

消えたツールパネルをウィンドウから表示

  • プレミアプロ上部のメニューバーから「ウィンドウ」タブクリック
  • 「ツール」を選択
  • ワークスペースのどこかにツールパネルが表示される

ウィンドウから「ツール」にチェックを入れても見当たらない場合

ウィンドウでは表示のチェックがあるのに見当たらない場合の解決策はこちらを参照!
参照:『ワークスペースとパネル-消えた時の表示法やカスタマイズ保存-』

ツールの内容とショートカットキー

ツール説明ショートカットキー
①選択ツールクリップやオブジェクトを選択V
②トラックの前方選択ツールカーソルより前方(右側)のクリップを全選択A
③トラックの後方選択ツールカーソルより後方(左側)のクリップを全選択Shift+A
④リップルツールクリップの端をトリミングすると同時に生じた空白部分を詰めるB
⑤ローリングツール隣接するクリップの合計デュレーション(時間の長さ)を維持したまま境界線をトリミング
⑥レート調整ツールクリップの長さ・再生速度を変更。クリップを短くして速度を速くしたり、長くして遅くしたりするR
⑦リミックスツールビデオシーンの長さに合わせて音楽クリップのデュレーションを調整して、カットやリップルなど自動で編集する
⑧レーザーツールクリップを分割(カット)するC
⑨スリップツールクリップの長さ(デュレーション)と位置を維持したまま、動画クリップ内のイン・アウトポイントを変更Y
⑩スライドツール対象のクリップと両端に隣接する2つのクリップの全体のデュレーション(時間の長さ)を変えずに、対象のクリップを移動。対象のクリップの移動と連動して前後のクリップの隣接点がトリミングされるU
⑪ペンツールオーディオクリップでキーフレームの追加・選択・移動が可能。
プログラムパネル内で任意の図形を描画
P
⑫長方形ツールプログラムパネル上で長方形の図形を描画(Shiftキー押しながらで正方形)
⑬楕円ツールプログラムパネル上で楕円の図形を描画(Shiftキー押しながらで正円)
⑭多角形ツールプログラムパネル上で多角形の図形を描画(Shiftキー押しながらで正多角形)
⑮手のひらツールタイムライン(パネル)上の表示エリアを左右へスライド変更するH
⑯ズームツールタイムライン上の表示エリアを拡大する。Altキー(Windows)/ Optionキー(Mac)押しながらで縮小。Z
⑰横書き文字ツール       プログラムパネル上で横書きのテロップ作成T
⑱縦書き文字ツールプログラムパネル上で縦書きのテロップ作成

ショートカットキーが使えない!できない原因と解決法

動画編集の受講生から一番よく聞く悩みの一つが、「ショートカットキーが使えない・操作できない」というもの。

プレミアプロでショートカットキーが使えない原因

  • キーボードが日本語入力になっている
  • ショートカットキーが使えるパネルがアクティブになっていない
  • キーボード配列の問題(デバイスによって異なる)
  • パソコン自体に設定しているショートカットキーが邪魔している

パソコンが日本語入力になっていると、プレミアプロの動画編集画面ではショートカットキーが使えない現象が起こります。Adobe Premiere Proがもともと海外開発ソフトだというのが関係しているようです。

プレミアプロでショートカットキーが使えない時の解決法

  • キーボードを英語入力にすること!
  • ショートカットキーを使いたいパネルをクリックしてアクティブにすること!
  • キーボード配列が英語版のパソコンは、「キーボードショートカット」のレイアウトを「ja」から「en」に切り替えてみる!
  • パソコンの独自ショートカット設定をオフにする!

おわり

今回は、プレミアプロの最新のツールパネルのまとめとショートカットキーについて紹介しました!

動画編集は時間との勝負、ショートカットキーを覚えながらツールの習得を目指しましょう。

▼独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たい方は下へスクロール▼

独学でつまずいている方・動画編集で収入を得たいと思っている方へ


5G・6G環境の普及、社会に浸透し続けるSNS環境などに後押しされ、動画メディアの需要は近年非常に高くなっています。
そして今後も拡大し続ける動画市場に伴って、動画編集者の需要も伸び続けると予想されます。


そのため動画編集のスキルを身につければ、個人でも自分の力で収益を得ていくことは十分に可能です。


動画編集は他の副業スキルと比べても扱いやすくおすすめのジャンルです。プログラミングほど難解ではなく、素人にとってのwebデザインのように抽象感もなく、ライティングより圧倒的にライバルが少なく時間単価も良いからです。


動画編集を本気で学べば短くて1ヶ月ほどでスキルが身につき、その後、月に1万円の収入を出すことも可能です。
(当講座受講生の実例:初心者からPremiereProの学習を始め、2ヶ月目で単価2,500円のTik Tok広告動画を4件獲得。)


副業ブームが来て久しいですが、会社に依存するだけでは失職のリスクは今後も大きくなるでしょう。自分のスキルで収入を得る力がより必要になってきます。

動画編集から仕事の取り方まで、プロの講座を本気で学べば数ヶ月で月5万円の収入も見込めるようになります。

独学からフリーランスとして自律する動画編集者もいますが、その多くは人並み外れた根性と膨大な無駄な時間を一人で費やしているのが共通点です。1年かかっても1万円の仕事も取れない人もいます(筆者はこのタイプで今では非常に後悔しています)。


1年かけて無収入な人、1年で10万円の受講代を払って30万円稼ぐ人、2年目からもその差は大きく開いていきます。


もし、独学で遠回りしまくっている方、つまずいて挫折しそうな方、早く動画編集のスキルアップをして収入に繋げたい方がいましたら、一度受講を検討してみてはいかがでしょうか?


弊サイトの講座はマンツーマンで、業界でも格安の価格設定、受講者からも好評の声を頂いています。(同じ講座内容で10倍の受講料を取る他社スクールもあります)。


下記リンク先から飛べるジモティーで実際の口コミも見られます。
効率的にスキルアップしたい方、動画編集者を目指している方のご参加をお待ちしております。